« 「散り行く花」 | トップページ | あけまして »

「リリアン・ギッシュの肖像」

「リリアン・ギッシュの肖像」(1983年、フランス、ドキュメンタリー)
      監督 ジャンヌ・モロー
      出演 リリアン・ギッシュ
          ジャンヌ・モロー
      NHKBS TVより

●元気いっぱい
この時でいくつになっているんだろう。画面のアップではさすがに年輪は見え隠れしているけれど、ジャンヌ・モローの問いに答える姿勢はエネルギーにあふれている。

グリフィス監督からのアドバイスは「映画女優として一人前になるには、10年間は女優を続ける。自分の役だけでなく、映画全体・ストーリーに責任を持つ。朝一番で撮影所に入り夜最後に撮影所から帰る」というものだったとか。

●笑みの理由は
第一次大戦1919年頃の戦争の悲惨さを語っている時の苦笑とも思える、いや、悲しみを通り越して呆然とした表情が苦笑に見えたのかもしれない表情!。

そんな悲惨さを救えるのは、無声映画や音楽と言った時に見せた笑顔!!。

自分の半生を語っていた彼女であるが、こころに残ったふたつの顔。。。

●敬意
こんなドキュメンタリーを作れたのもジャンヌ・モローの敬意。
リリアン・ギッシュの若々しさに対して、ジャンヌ・モローはちょっとふけていたぞぉー!

リリアン・ギッシュのグリフィス監督のように、ジャンヌ・モローもルイ・マル監督を引き合いに出していたなぁ。

農場を歩くリリアン・ギッシュの後姿で幕を閉じるわけだが、の終わり方がトリュフォーの雰囲気を感じたのは、自分の単なる気のせいかもしれない。。。

「サイレント映画時代の大スター、リリアン・ギッシュへのインタビューを軸につづられたドキュメンタリー。幼くして舞台役者への道を歩き出した彼女が、映画の世界に入り、数々の名作にかかわってゆく様子を生き生きと語る。持ち前の「好奇心」で数々の困難をはねのけてきた彼女の語り口は、いまだ情熱的で力強い。フランスを代表する女優ジャンヌ・モローが監督し、自らインタビューアーとして参加している。」(NHK BSオンラインから)

 

« 「散り行く花」 | トップページ | あけまして »

映画」カテゴリの記事

映画80年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「散り行く花」 | トップページ | あけまして »

おしらせ


  • ●おしらせ
    これまでご愛顧いただきました「N_ardis」ですが、
    こちらは「映画専用サイト」として存続します。 それ以外は 場所を移して運営することにしましたので、お知らせいたします。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    なお、こちらのブログは当面はこのままにしておく予定です。


    ●移行先
    これまでは、いろんなものがごたまぜになっておりました。
    今後は日記と、情報サイトに分けて運営していきます。。。


    日記ブログ:
     「N_ardisのライフログ」
      http://nardis2011.blog94.fc2.com/


    情報サイト(音楽が主):
     「くつろいでいただけましたか?」
      http://nardis2knowhow.blog38.fc2.com/

よかったら、クリックしてください。

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ミニぶろぐ

無料ブログはココログ

TOOL




  • with Ajax Amazon